社会人に向けた情報

大学や短大を卒業してから専門学校に入学する人の数は1999年頃から目立ち始め、2000年以降は2万5000人前後、専門学校入学者全体に占める割合は7.5%~8%前後の間で推移してきました。2006年頃からは少子化や景気の影響などの影響により人数は減少傾向にありますが、それでも2015年は約1万8000人となっています。

これは大学生や短大生の就職事情が厳しいことに加え、就職に有利な資格を取得し、キャリアアップを図りたいと考える人が多くなったのではないでしょうか。また、大学や短大の卒業者に加え、中退者、専門学校の卒業者、社会人、フリーターなどを経て入学した既卒者全体でとらえると、その割合はさらに増します。

本校でも既卒者の割合は高く、全体で○○%となっています。これは本校で様々な資格を取得し、学んだ事を活かした職業への就職が可能であることが大きな要因と思われます。また、企業側も既卒者の就職に対しては新卒者と同じ、もしくはそれぞれの人材が経験を積んでいるという所で期待を大きくしている部分もあります。

在校生にも再進学者が多い
現学生数の10%が再進学者で、大卒、短大卒、フリーター経験者などの方々が学びなおしを考え、実際に夢に向かって頑張っています。また、年齢は22歳から28歳位までの方がいます。
高い資格取得率で高い就職率
全学科で就職に有利な資格取得を目指しています。 合格のための充実なカリキュラムと徹底した対策指導で、 高い合格率を誇っており、 特に建築インテリアデザイン科では難関である国家資格の「二級建築士」に、 毎年、 全国平均を大きく上回る合格率を達成しています。
本校の代表的な2つの資格 2級建築士 本校合格率 75% 全国の合格率平均 24.3% 色彩検定 本校合格率 88.9% 全国の合格率平均 74.4% その結果が高い就職・内定率 全国平均より高い資格取得率で就職を目指すのに有利でです。81.6%
再進学者に最適な充実したカリキュラム
意識の高い再進学者の方にも満足できる充実のカリキュラム構成
意識の高い再進学者の方にも満足できる充実のカリキュラム構成です。年間の学習課程では前期と後期に分け、その時期に応じた最適かつ緻密なプログラムを用意しています。課外プログラムの学官連携事業においては、企業とのコラボレーションなどで社会と関わり、在学中からプロとして、実際の商品開発などに携わります。
基礎力育成期間
デザインの基礎的な力を身につけるために、発想方法や表現方法、またmacPCによる様々なソフトの使い方もマスターします。デザインの意味を知り、全体を俯瞰しながら基礎を理解します。
技術力育成期間
現役で、業界で活躍しているクリエイターから活きた技を学び、プロの仕事を知ることによって現場のルールを理解します。またこの時期に行われる学祭ではアートバトルなどのイベントで、それぞれの自由な表現を発表できる機会があります。
実践力育成期間
クリエイターにとって、市場のマーケテイングやプレゼンテーション能力など、自分と仕事を売り込む力が必要です。この期間は最大限の個性に合わせたオリジナル作品制作を進めて表現方法を見出します。
仕事力育成期間
年間の集大成として、自分のやりたいこと、表現したいことを「カタチ」にする、卒業制作に取り組みます。
オープンキャンパスに参加してみませんか。オープンキャンパスでこんな特典 面接免除 出願状況 先輩と話せる
PAGE TOP
footerimg