学生作品
進学・就職 高校生のお子様の進路でお悩みの親御様へ 就職率が自慢の専門学校で「手に職をつける」という選択はいかがでしょうか? こんな就職先ハウスメーカー テレビ局 デザイン事務所 印刷会社 まずはこの数字を御覧ください 本校の主要資格の合格率 二級建築士 色彩検定 高い資格合格率が高い就職率に繋がっています。

本校は1981年に栃木県より学校法人として認可を受けた音響・建築・デザイン系の専門学校です。平成28年には創立40年を迎え、今日まで専門性の高い分野での技能開発教育を行い、栃木県及び近県の若者を育て、社会人として送り出すことに全力を傾注してまいりました。すでに、一期生は50歳代に達し、県内外の企業のリーダーとして各専門分野で活躍しております。

オープンキャンパスへご参加ください

メディア・アーツの事や学校や授業の雰囲気、また実際の講師に合ってみたいとお考えの方は、オープンキャンパスへの参加がおすすめです。特に親子で参加出来るため、多くのご家族が参加されています。更に参加していただくと、「面接が免除」されるなどの特典もございますので、ぜひご参加ください。 学科紹介や体験実習がありますので実際にお子様と学校にいらしていただくことで、不安や疑問が解消されます!!

オープンキャンパス参加の3つの特典 1.面接免除 2.出願状況の確認 3.先輩と話せる オープンキャンパスの詳細はこちら

  • 時代の先端を担うクリエイターを育成するべく、毎年、民間企業人からアドバイスをいただき、カリキュラム編成会議が行われています。より新しく、より社会に求められる人材の育成に力を注いでいます。

  • 業界で必要な最新の機材を用意し、一人ひとりが機材に直接触れ、体得できる環境を整えております。また、2年間でそれぞれの学科で必要なPCやソフトウェアなども支給しております。

  • 就職指導は一人ひとりの個性を最大限に伸ばし、学んだことが活かせる夢の実現に向けた個別指導を行っています。時間をかけ納得しながら就職活動を行うため、「想像していたことと仕事内容が違う」という事態に陥りません。

  • 業界で活躍している現役のプロに、その分野の最新情報を授業に取り入れてもらっています。また、毎年、国内最大手の広告代理店、株式会社電通に出向き、日本の若手トップクリエイターの方の授業を受け、大きな刺激を受けています。

  • 実践教育として企業とのコラボレーションを実施しています。シンボルマークデザイン、キャラクターデザイン、教育用まんが冊子、観光用ガイドブック制作、イベント撮影など、多岐にわたる分野での課外プログラムに力を入れています。

教育方針や校風、就職実績などを詳しく説明します。
また、入学選考基準や学費など様々なご相談について、ご家族ごとに個別相談を承っております。お子様と一緒に参加することもできますので、お気軽にお越しください。


学科

ビジュアルデザイン科イラストレーションコース1年

出身高校

小山城南高等学校出身

なぜメディア・アーツ専門学校に入学したのですか。

小さい頃から絵を描くことが好きでした。好きな絵本の影響もあり、イラストやデザインの勉強をしてみたいと思いました。

コメント

進路に迷っていた時に母から色々とアドバイスをもらい、背中を押してもらいました。現在、イラストレーターを目指し頑張っています。絵を描く事を仕事にするのは大変なのかもしれませんが、メディア・アーツの先輩で様々な業界で活躍しているイラストレーターの方がたくさんいる現状を見て、私も先輩方に続きたいと思っています。 

親御様に伺いました

本校に入学させた理由

冴(娘さん)も絵に興味があるようでしたし、イラストやデザインを学ぶのなら、大学ではなく、専門学校で就職に繋げてほしいと思ったことです。また、自分が卒業した学校という安心感があり、勧めました。

ご息女に期待すること

好きな道で稼げるようになってほしいです。応援したいです。

親御様の情報

お名前

高田朝子様

現在のご職業

パン屋での販売業務

在籍時の専攻学科

グラフィックデザイン科

なぜメディア・アーツ(旧デザイン電子)に入学したのか

絵を描きたかったからです。

学生生活はどうでしたか。

絵を描きたい一心で入学しました。自分の好きな自由テーマで絵を描く授業は本当に楽しかったです。そして、コラージュなどの技法を使ってのデザインやイラスト、造形制作なども夢中になって学んだ覚えがあります。先生やクラスの友達も個性的な方が多くて、とても刺激を受けた学生生活でした。

学科

建築インテリアデザイン科1年

出身高校

益子芳星高等学校出身

なぜメディア・アーツ専門学校に入学したのですか。

二級建築士の資格を取り、父と同じ建築関係の仕事がしたかったからです。

コメント

高校が普通高校だったので最初はとても不安でした。最初は戸惑いもありましたが、クラスのほとんどが、自分と同じ建築の勉強が始めてだったこともあり、みんなで助け合いながら一緒に勉強している感覚です。クラスもとても仲が良く、充実した毎日を送っています。 この学校で必ず二級建築士の資格を取得して、将来は父のような建築士になりたいと思っています。

親御様に伺いました

本校に入学させた理由

二級建築士の受験認定校であることと、私が学んでとても良い学校だと思ったからです。そして将来は現在の建築会社を継いでほしいと思っています。

ご子息に期待すること

理想を語るだけでなく、実現に向けて努力してほしいです。私もできる限りお手伝いをしたいと思います。

親御様の情報

お名前

永嶋一則様

現在のご職業

有限会社 永嶋建築 主宰

在籍時の専攻学科

インテリア建築科

なぜメディア・アーツ(旧デザイン電子)に入学したのか

県内で数少ない建築の専門学校であり、2級建築士の合格率がどの学校よりも高かったのでこの学校に決めました。

学生生活はどうでしたか。

在学中は同じ志をもった友達と一緒に学ぶことがとても楽しかったです。授業では設計デザインがとても楽しかったのを覚えています。デザインを考えていくうえでカラーコーディネートを勉強するのはちょっと難しかったですが、今では良い思い出です。でも、もうちょっと勉強しておけばよかったかなと思います。

オープンキャンパスに参加していただいたWさん親子のインタビュー
宇都宮市内の高校に在籍している3年生のWさんとお母様

最初に学校見学について教えてください。

高校2年生の時、メディア・アーツ主催のライブイベントに友達と参加しました。
その後母親とオープンキャンパスに参加しました。

最初のメディア・アーツの印象はいかがでしたか。

雰囲気について

明るく親しみやすい雰囲気で、気軽に先生と話すことができ、距離が近いと思いました。

設備について

デザイン学校らしく、校舎が明るくて開放感があるなとおもいました。

授業内容ついて

実技中心で地道に学べる感じがしました。

教育方針

保護者説明会に参加した時に一人ひとりに対する個別指導を強調されていて、実際何度も足を運びましたが、オープンキャンパスの学生スタッフにたいしても熱心に対応している様子を見て、納得しました。

その時のWさんは進路に関してどのように考えていましたか。

将来の職業は正直、まだ迷いがあり明確には決定していません。メディア・アーツで学びながら、自分に何か向いているのかゆっくり考えていきたいと思います。

ご家庭で進路に関しての相談はされましたか。

どのくらいの時間をかけて進路選択したか

2年間通う学校なので慎重に考えました。 随分悩み、県内の専門学校を4校ほど見学に行きました。教育内容や通学のことなどを中心に家族みんなでゆっくり考えました。

進路選択の指標はなにか。

学校の校風や雰囲気など、自分にあっているかどうかなどです。

他校の見学は行かれましたか。

メディア・アーツと比べてどうだったか

他校へも見学へ行きました。芸能人や業界トップの方々が講義をしてくださるようです。
勿論それも良いのですが、初めて学ぶ内容でもプロがマンツーマンで授業してくれるメディアアーツが合っていると感じました。

入学しようと思った理由はなんですか。

私はとてもマイペースな性格なので、そこを理解してもらえる先生がいる安心感があります。

4月から入学する予定ですが、今の気持ちはいかがですか。

期待していること

どんな学生生活になるのかとても不安ですが、オープンキャンパスに何度か足を運び、自分の目的が少しずつ見えてきた気がします。2年後の自分に期待しながら頑張っていきたいと思います。

不安なこと

学校の校風や雰囲気など、自分にあっているかどうかなどです。

オープンキャンパスに参加してみませんか。オープンキャンパスでこんな特典 面接免除 出願状況 先輩と話せる
PAGE TOP
footerimg